Monthly Archives: 2月 2017

肥後銀行のカードローンの口コミ評判は?

肥後銀行カードローンキャプチャ
九州熊本県にある地方銀行が肥後銀行です。肥後と言う名前は江戸時代に熊本県が肥後藩と呼ばれていたことによります。

現在、鹿児島県の鹿児島銀行と経営統合を進めています。肥後銀行は売上面では鹿児島銀行に劣りますが、資産面では上回っています。

その肥後銀行には「WEBカードローン」、「Back Up」、「ベストアシスト」という3つのカードローンがあります。

WEBカードローン

その名の通り、申込から契約までWEB上で行えます。地方銀行のカードローンは店頭窓口や郵送による契約が非常に多いため、WEBで完結できるのは珍しいと言えます。

利用できる人は佐賀県と沖縄県を除く九州地方の他、東京、大阪に住んでいる人です。貸出限度額は100万円と少額ですが、金利は一律14%で都市銀行より低くなっています。なお、初回の借入は50万円が限度です。

借入はATMを利用し、約定返済は毎月5日の肥後銀行口座からの引き落としです。約定返済額は借入額が30万円未満で5千円、30万円以上50万円未満で1万円、50万円以上100万円以内で2万円となっています。

なお、任意返済ではATMや店頭窓口からの入金が可能です。

Back Up

地方銀行には珍しく、利用条件における住所や勤務地の限定がありません。利用限度額は30万円・50万円・100万円の3コースになっており、100万円コースの場合は収入証明書が必要です。

借入や返済方法はWEBカードローンと変わりません。

Back Upの最も特徴的なのは金利が保証会社によって異なっていることで、肥銀カードが保証会社の場合は12.5%、オリエントコーポレーションの場合は14.0%になっています。

始めに肥銀カードの審査を受け、審査に通ると肥銀カードが保証会社になりますが、肥銀カードの審査に落ちると自動的にオリエントコーポレーションで2次審査を受け、2次審査に通るとオリエントコーポレーションが保証会社になります。

なお、口座の残高不足による公共料金などの口座引き落とし不能を防止する機能である自動融資サービスを受けられます。

ベストアシスト

利用限度額が100万円・200万円・300万円の3コースになっています。なお、年収条件が400万円以上となっており、サラリーマンの平均年収以上が必要です(300万円コースは年収600万円が必要)。

申込はFAXかホームページで行いますが、申込時に収入証明書を提出します。

金利は一律7.15%で、どの業者のカードローンと比べても負けない低さを誇っています。さらに、肥後銀行の住宅ローンを利用していると金利が5.4%まで下がります。借入や返済の方法は他のカードローンと同じです。

ちなみに肥後銀行では専業主婦への貸付が消極的に思えます。そのため、主婦の人は、専業主婦で借りれるカードローンを見た方が参考になるでしょう。